寝かしつけに困っていたらスリングを試して!カドルミーとババスリングのレビュー!

28才、一児の母です。

 

息子も1才4ヶ月になり、だいぶ生活が落ち着いてきました。

 

 

これまでの育児を振り返ると、本当に幸せな一方で大変なこともたくさんありました。

 

正直、育児をなめていました。

 

 

 

私の息子は、とても敏感で眠りに落ちるのが上手ではありませんでした。

 

欲求が満たされないとすごい声で顔を真っ赤にして泣き続けるので、最初の3ヶ月ほどは心身共に本当に疲れていました。

 

 

周りの赤ちゃんが本当にお利口に見えて、「何で私の息子だけ」と辛く、苦しかった時もありました。

 

そんな大変な時期を乗り越えるのに、必要不可欠だったグッズがあります。

 

それは、スリングです。

 

 

昼でも夜でも、床に置かれたらギャン泣きしてしまう息子の毎日の寝かしつけは、本当に大変でした。

 

座ってはダメ、抱っこしてゆらゆらも2〜30分したら私の方が疲れてしまうし、トントンも音楽も効かない、足の力が強すぎておくるみもダメ、泣き続ける息子の隣で私が先に寝てしまっていました。

 

その後、息子も泣き疲れて寝ているようでした。

 

 

そんな時、産院で助産師さんがスリングを使っていたのを思い出し、購入してみました。

 

早速使用してみると、スリングに入ってすぐは泣いていましたが、数分経つとスッと眠りに落ちました。

 

あの時の感動と驚きは今でも忘れません。

 

 

その後は、スリングに頼りきり、昼も夜もスリングで寝かしては、静かな時間を楽しみました。

 

ゆっくりお茶を飲む時間もできました。

 

 

母親に密着していることや、丸まった姿勢で固定されること、浮遊感などが子宮の中を思い出して良いのだそうです。

 

カドルミーとババスリングを持っていますが、どちらも1万円前後です。

 

 

ただし、重くなってくると一方の肩だけに重さがかかるので、我が家では最初の数ヶ月しか使用しませんでした。

 

カドルミーは、伸縮性のある素材、ババスリングはカチッと固定するような作りになっています。

 

 

また、ババスリングは長さの調整ができますので、パパと共用にする場合にはお勧めです。

 

寝かしつけに困っている方は、試す価値ありです。